まるで別人?!劣化が激しい?激やせ!激太り!芸能人

芸能人!ビフォーアフター!

激やせ?

熊田曜子のダイエット方法は5分?現在の体重は?

更新日:

お子さんもいながら、スタイル抜群で美人で羨ましく感じてしまうママさん芸能人の一人熊田曜子さん。

30代後半に突入したとは全く思えないほどの美ボディが、ネットなどでも度々話題に上がっています。

子供も産んでるのに、何故あの美ボディでいられるのでしょうか?現在の体重はどのぐらいなのでしょうか?

よほどの、キツくて辛いダイエット方法を実践してるかなって思ってしまいますよね。

じゃなきゃ、普通はあんなスタイル保てません(^^;

でも、本人いわく「ジムもエステも行ってません!腹筋とかもしてないし、お菓子も食べてます!」と仰っています。

一体、どんなダイエット方法をしてるのでしょうか?

 

熊田曜子さんてどんな人?

出身は岐阜県岐阜市で1982年5月13日生まれの37歳。

高校3年生の時に週刊マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募して最終選考まで残りました。

がしかし、熊田曜子さんの母親からの猛烈なる反対により辞退することに…

なのでその後看護学校へ進学するが、芸能界入りの夢を諦めれず雑誌「Audition」の2001年秋の特別オーディションに出場。

その時に、アーティストハウス・ピラミッドの目にとまり合格!

この時、たまたま母親が海外旅行中プラス荒天により帰国が予定より数日遅れたことで、この間に手続きをして見事芸能界デビューを果たします。

上手に母親から逃れましたね(^^;

それからは、CDデビューしたり岐阜県の飛騨・美濃観光大使をしたり、亀田興毅の依頼によりラウンドガールしたりしました。

そして、2012年4月に一般男性と結婚してからなんと3人の子供を出産。

今では、3人のママを頑張ってるようです(^^)

何故あんなにスタイル抜群?ダイエット方法は?

あれだけのスタイルを作り上げるのには、さぞかし過酷なダイエットを行っていたのかと想像してしまいますよね?

でも実際のところ熊田曜子さんは過酷とは程遠い、お子さんが小さく完全母乳の間でもできるダイエット方法により、あの素晴らしい体系を作り出したようです!

ジムにも通わずエステにもいかず、そして全くお金もかけず完璧なボディーになれるんです!

夢みたいですよね?

その方法が大まかに分けて三つほどあります。

スポンサーリンク

その① とにかく正しい姿勢で過ごすこと。

猫背だとすぐにお腹に肉がたまってしまいますので、常におなかに意識をして猫背にならないように気を付けることが大事です。

1…椅子の前、10センチにだけ腰を掛ける

2…膝とかかとをくっつけて座る

3…腹筋は力を入れておく

これだけで、二週間でマイナス5センチも夢ではないのです!

注意点としては、腰をそるのは腰を痛めるのでNG、腕を組むのは腹筋を使わないのでNGだそうです。

その② リンパマッサージをする。

1…顎の下のたるみを下から上に押す。

2…顎から耳の後ろのほうへ流す。

3…耳の後ろから首筋を通ったほうへ流す。

この三つを、朝と夜に5分やるだけです。

これなら忙しい毎日でも、三日坊主の私でも続けることができそうですよね(*^^*)

その③ お昼ご飯をトマトだけにする。

トマトはドレッシングのかけすぎないようにして、刺身やサラダのように少量だけをつけながら食べるようにします。

そして、つい食べすぎないようにするために利き手じゃないほうの手を使いゆっくり食べて満腹感を味わうようにする。

たったこれだけで、一週間でマイナス3キロは落ちるそうです。

でも、決して無理をしないことが重要ですね。

現在の体重は?

3人の子がいるにもかかわらず、あの抜群のスタイルなので予想は尽きますが…

今現在の体重…気になりますよね??

6月19日の自身のインスタで、体重と体脂肪を公開しています。

身長は…165センチ

体重は…49.05キロ

体脂肪は…16.2%

エステもジムもサプリもなし、母乳育児しながらお金もかけずに産後1年でこの抜群のプロポーション。

世の中のママたちに、明るい希望を見せてくれました!

まとめ

芸能人といえば、お金と時間をかけて努力せずにスタイルを作り上げるイメージが結構ありますよね?

でも熊田曜子さんは、そのイメージを吹き飛ばしてくれました!

この方法なら、お金なくても産後でも誰でも気軽にできます。

私もさっそく、今日から試してみて目指せ熊田曜子さん!の目標で頑張ります(≧▽≦)

 

-激やせ?
-

Copyright© 芸能人!ビフォーアフター! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。